ズバリ、包茎の治療をしたことはありますか?

包茎には3種類があり、解決する方法があります

男性の大きな悩みである「包茎」には、大きく分けて3種類あります。「仮性包茎」と「カントン包茎」や「真性包茎」があって、仮性包茎は平常時は亀頭が全部、もしくは一部は包皮に覆われていて、勃起すると亀頭が自然に露出をするのが特徴です。仮性包茎のままにしておくと、カスがたまり、悪臭の原因にもなります。
続いてカントン包茎は仮性包茎よりも包皮の間口が狭いのですが、包皮をむこうと思えばむけるのですが、むいた状態は男根を圧迫して亀頭がふくれあがり、包皮が戻らなくなることがあります。
包茎の中で最も深刻なものが「真性包茎」で、平常時でも勃起した時でも包皮をめくる事ができません。むりに包皮をめくろうとしたら、流血してしまいます。このように包茎には3種類ある訳ですが、手術をする時は包皮の余分な部分を切ることで解決できます。

仮性包茎以外の手術は保険で、治療費を抑えられます

カントン包茎や真性包茎の場合であれば、病院(泌尿器科)なら保険を使って治療費を抑えることができます。カントン包茎や真性包茎は保険診療対象になっているので、保険を使うことによって3割の自己負担で済むのです。気をつけて欲しいのは仮性包茎は保険診療対象外です。
なぜ仮性包茎は保険診療対象外かと言うと、包茎の中で最も軽度な状態であるのが仮性包茎だからです。カントン包茎や真性包茎と違い、仮性包茎は包皮をめくっても男根が圧迫されずに痛みを感じることがありません。カスがたまりやすくても、包皮をめくって毎日洗っていればカスがたまることはないのです。そのような理由から日常生活に支障をきたさないので、保険診療対象外なのです。
そのような理由から仮性包茎が一番治療費が高くなり、カントン包茎や真性包茎は治療費を抑えられるという事になります。