包茎の治療や手術にかかる費用はどれくらい?

健康を損なう包茎なら保険適用もありえる

包茎は「カントン」「真性」そして「仮性」の3種類に分けられます。保険適用のイメージはあまりないですが、実はカントンと真性は保険適用になる可能性が高いのです。
カントンは亀頭を何とか露出出来るけれど包皮をめくりっぱなしにしていた結果痛くて元に戻せない状態、真性は包皮がかぶり続けている又は亀頭との癒着状態を指します。これらは垢が溜まりやすい・性病に罹患しやすい・狭小包皮の裂傷など、健康を損なうものと判断されます。全国各地の泌尿器科にて手術は行われ、料金は保険適用後20,000~30,000円の範囲です。
ただし残念ながら根本的解決には至りません。なぜなら仮性包茎状態に持っていくだけだからです。仮性も含め、亀頭をむき出した状態にするなら自由診療の美容クリニックになります。他にも保険適用手術の消極的要因として審美性に欠ける・健康保険に履歴が残るなどが挙げられますが、低価格はやはり魅力です。

日進月歩を感じる手術方法その変遷

保険適用の泌尿器科も含め、過去の美容クリニックで採用されていた手術方法は「環状切開法」です。陰茎の真ん中部分から余分な皮を切るものです。感度のある包皮小帯・内板が残るのはメリットですが縫合跡はくっきり、ツートンカラーも目立ちます。
主流は「亀頭直下埋没法」、亀頭の真下から余分な皮を切る方法です。傷口はカリ下になるので手術痕が目立ちません。他にもメリットとして早漏が改善されやすいことが挙げられますが、一方感度の高い包皮小帯・内板はなくなるため逆に遅漏気味の声も聞かれます。手術に長けているところでは「亀頭直下埋没法」と「包皮小帯温存法」を併用しています。見た目はもちろん、性感度の高い包皮小帯を残せるとあって人気です。デメリットはズバリ高額ということに尽きます。
「環状切開法」は泌尿器科なら保険適用料金ですが、「亀頭直下埋没法」はナイロン糸使用で約50,000~100,000円、抜糸なし吸収タイプ糸はプラス約30,000円、温存法との併用手術はプラス約100,000~600,000円になります。

真性包茎は傷みや汚れによって悪影響が出る場合もあるので、保険適用で治療を受けることが可能になっています。