大切な人が包茎だったらどうしよう?良い解決策はありますか?

包茎の治療方法はその人のタイプに合わせて治療を選ぶ

大切な人が包茎の場合にはどうしたら良いのか、パートナーとして悩みを抱えるということは珍しくありません。

ほとんどの場合包茎というのは、行為を行う上で問題はない場合が多いのですが、衛生面や見た目を気にされる方も多く、改善するために治療を選ぶ方も多くなっています。包茎治療を選ぶ際には、それぞれの体質や種類によって違うので、タイプ別に治療を行うようにしましょう。現在ではサプリメントによる治療や、手術により治療方法があるので、場合によってはサプリメントのみで治すこともできます。症例によってはサプリメントを飲んでも効果は全く出ず、外科手術が基本となる場合もありますから、まずはあなたの包茎の種類からベストな方法を考えましょう。

包茎のタイプ別の治療方法は

包茎にはタイプ別の治療方法があります。まず一般的な形の包茎が仮性包茎です。手でむくとしっかりと亀頭が露出するのですが、普段は表皮がかぶさっている状態です。次に真性包茎という形があり、勃起時にも平常時にも表皮がかぶさっている状態の包茎です。カントン包茎という種類では、平常時に亀頭を露出することはできるのですが、勃起時には表皮を露出することができないというタイプです。

これらのケースでは仮性包茎の場合には増大のサプリなどで改善できる場合がありますが、真性包茎とカントン包茎の場合では、原則として外科手術で治療することになります。現在では外科手術の場合でも傷跡を目立たなくできる包茎手術もあるので、治療も安心して行えます。